白鳥の奇跡を起こす

奇跡を起こす4 製品開発力、生み出す力

自社でマーケティングし自社で製品を開発する

ダイアトップの製品は全て自社開発です。メーカーであることにこだわりを持ち製品を開発しています。メーカーであるということは、主体的に市場と顧客ニーズをマーケティングし、顧客が求める製品を生み出すということです。地方の小さな企業が、市場と顧客ニーズをマーケティングすることは、なかなか難しいことかもしれません。しかし、ニッチな市場であるがために、自らマーケティングを行うことが可能であるともいえます。

自社でマーケティングし自社で製品を開発することはダイアトップの信念です。ダイアトップでは以下の開発指針をもとに製品を開発しています。

製品開発指針

製品開発指針

製品開発、4つの柱

ダイアトップの製品は4つの柱を軸に開発しています。ガイドバー、ソーチェン、ナイロンカッター、チェンソー刈払機用グッズです。全ての製品は「切る」に関連しており「より切れる製品」を追い求め開発をし続けています。

製品開発、4つの柱

製品開発、4つの柱

そして私たちは、4つの柱を開発しながら常に検証し探求し改善を繰り返しています。これは、次の柱の発掘につながります。現状の製品に満足することない姿勢は、明日のダイアトップを支える未来の主力製品を生み出す力につながっています。

小さいメーカーだからこそ見えるものを大切に

私たちは、大手メーカーが設計した製品を製造するアウトソーシング企業ではありません。あくまでも自社開発・製造にこだわるメーカーです。

私たちがつくる製品は、今世界の有名企業から注目され、さまざまな業務提携が実現しています。「白鳥の奇跡」が現実のものとなっています。昔から林業が盛んな郡上白鳥の歴史と文化を知り、郡上白鳥で世界に通用する製品を提供するメーカーであることを誇りに思い、これからも「郡上白鳥から世界へ」を目指し、ダイアトップにしかつくれない製品を生み出していきます。

白鳥の奇跡を起こす 一覧

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る